--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.06.05

ROOKIES!


見に行ってきましたー!
金曜日の平日の午前中ということもあって、とても空いてました!
しかもど真ん中で静かで最高でした!w

以下感想を反転でー
書きすぎたー


大雑把に書くと、映画はドラマの続きで、3年生になったニコガク野球部が甲子園目指すって感じです。
新入生も二人入って、いろいろと変化もあったり。
新入生、赤星(山本裕典)はおいしすぎるwwwwwwwww
「俺練習とかしねーっすから。試合は呼んでください」的な発言ワロタw
でも実は影で大学生にまじって練習してんだよねー!
ツンデレすぎ!w
もう一人の濱中(石田卓也)は影が薄すぎた。
後半本当空気のような扱いすぎた。
前半は結構平っち(桐谷健太)との絡みがあって出番もバンバンだったのに。
せっかくいい奴なんだから、もっとうまい出し方あったんじゃないのかなーと思いました。
まぁ2時間っていう枠じゃ、難しいすよね。
それにしても平っちが長髪だったのにクソワロタwwwwwww
中学の頃から平っちに付き合ってる今岡(尾上寛之)がいい奴すぎて……!
平っちがついた嘘を信じた濱中がかわいかったw
コーンポタージュじゃないと、のくだりとか好きですww
なんだかんだとありましたが、濱中の中では「平塚先輩は俺のヒーロー」ってなった所が……!
よかったね平っち!

赤星が自分のせいで御子柴(小出恵介)を怪我させて、「あの人が戻ってくるまでここは俺が守る」って言った所はカッコよかったー!
赤星なりの気遣いだったんでしょうね!カッケー!
御子柴は怪我したのに、「絶対予選までに治すから!」の所が一番泣けました。
一番辛いのは御子柴なのに、みんなに心配させないって思った所が本当いい。
本当御子柴いい奴だなぁ……
そんな御子柴の気持ちをわかってるメンバーが、必死こいて練習する姿見てまた泣けた。
「御子柴の分まで」じゃなくて、「御子柴が帰ってきた時恥ずかしくないように」っていうのが、彼ららしくてよかったですw
予選大会が始まるころには御子柴も復帰できて!
でもここで私が気になったのは、やっぱ予選の早さが異常ww
2時間でやろうと思ったらしょうがないことだけど、それにしても早かったw
とんとん拍子で決勝いっちゃったのはもったいない。

決勝戦はもう本当に安仁屋(市原隼人)がおいしすぎる展開ww
でも、気合が空回りしたり、相手にボールの配球読まれたり……
そこは何故か赤星が「一球目にストレートばっかり投げないで」の一言で回避www
赤星お前どんだけwwww
攻撃面は、相手ピッチャーの川上のフォークに苦しみます。
なんとか打開したのは新庄(城田優)の一振り。
そのあと若菜(高岡蒼甫)も出塁するけど、打つ時に怪我しちゃうとか!
若菜どんだけ怪我するんや!!w
ある意味スタッフに愛されとるw
いつも何故か大事な場面で怪我しとる若菜。
それに気づいた新庄がめちゃカッケかった。
「お前だけが痛いんじゃない、みんなが痛い」っていうのは、仲間を一番思ってる新庄だからこそ出た言葉ですよね。
そこに桧山(川村陽介)が行って、何も言わずに若菜の肩を掴んだ所が……!
桧山はいつも若菜がくじけた時は側にいてやれる奴なので、この二人の関係好きだー!
そのあと御子柴が試合出ることになって、不覚にも「よかったな御子柴!」と思ってしまいました。
若菜がベンチに下がって、みんなもさらに気合入ったんだと思います。
関川(中尾明慶)と岡田(佐藤健)はしっかり自分の仕事してるし。
この二人が一番バッティングに安定感ありますよね。
関川は盗塁、岡田は選球眼が優れてるという武器もあるし。
湯舟(五十嵐隼士)の「早く……早く……!」はかわいすぎたww
でもちゃんと打っちゃうあたりがかわいすぎwww
桧山が「ぜってー打つ!」といいつつ、デッドボールした時に、
若菜が「つくづくバットに当たらねぇ奴だな」って笑った所が……
この二人素敵すぎやしねーか^^
今岡の打順で、代打平っちになった時はなんとなく予想した展開にw
ビーンボールしか当たらないからってツッコむとは、さすが平っちw
でも危なすぎるw
そいでもって、もちろんおいしい所を持っていくのは安仁屋でございまして。
ドラマでおいしい所もっていったのは御子柴だからね^^
本当に、打つべき時に打ったなーという感じです。
川藤(佐藤隆太)なら、そこまでみんながつないで逆転したから、みんなが打った一打といいそうですねw
あと一球で勝つっていう時に安仁屋が泣いた所はすっげーよかったです!
中学時代からの夢だった甲子園まであと一球。
そこに新庄がきて「俺らの夢をお前に託した」って言った所が……!
新庄名言多すぎるw
本当勝ってよかったですー!
甲子園の結果はわかんないままですけど、これはこれでいい。
「夢に終わりはない」っていう安仁屋のセリフがきいてます。

最後の卒業式のシーンは、じーんときました。
それぞれの気持ちが伝わってきて、でも言葉の中にはもちろん彼ららしさもあって。
よかったですー!
EDの最後の黒板に一言書いてたやつも好きです。
字がまさに男子高生で(笑)
やっぱ最後の写真でしめるっていうのはいいですねー!
ただ、最後の最後に「喫煙~」の話が出てきて、おいおいいまさらかよって感じはありましたがw

こんな感じで感想終了ですー。
私的にはすごい満足な映画でしたが、まぁ捉え方は人それぞれでしょう!
久々に熱いドラマ・映画に出会えて大満足ですw
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://fujina08.blog71.fc2.com/tb.php/748-a31d484f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。